「二刀流英語」のすすめ―情報力・英語力を使いこなす

個数:
  • ポイントキャンペーン

「二刀流英語」のすすめ―情報力・英語力を使いこなす

  • 堀 武昭【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 論創社(2018/10発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月19日 00時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846017132
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C0036

目次

第1章 国際語としての英語について(英語は国際語、母国語にあらず;英語は手段に過ぎない ほか)
第2章 情報収集力がすべてを決める(英語と情報収集は表裏一体;どんな情報を集めるのか ほか)
第3章 情報力と英語力(情報の裏を読む;アラブ式情報コントロール ほか)
第4章 情報力と英語力を鍛える実践現場―国際ペンクラブの体験を通じて(作家の集合体・ペンとその存在意義;サロン活動の真髄 ほか)
第5章 応用編(英語で原稿を書くための基本心得;記事を書くにあたって留意すべき七つのポイント ほか)

著者等紹介

堀武昭[ホリタケアキ]
作家、経済人類学者。オーストラリア外務省(豪日交流基金)アドバイザー、米日財団副理事長、フォーラム2000財団理事、関東学院大学助教授、政策研究大学院大学教授、チェコのカレル大学客員教授などを歴任。表現の自由と作家の相互理解を図る文筆家組織「国際ペン」の理事に選出される(2002‐10年)。2010年9月に専務理事、2016年に副会長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。