論創ミステリ・ライブラリ<br> 幻の探偵作家を求めて 完全版〈下〉

個数:

論創ミステリ・ライブラリ
幻の探偵作家を求めて 完全版〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 03時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 504p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846016944
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

第2期『こんな探偵小説が読みたい』に加え、単行本未収録の第3期や関連エッセイを大幅に増補。さらにアンソロジーの解説を併録した決定版!

目次

1 こんな探偵小説が読みたい(“続・幻の探偵作家を求めて”舌代;今様赤ひげ先生・羽志主水;実直なグロテスキスト・潮寒二 ほか)
2 新・幻の探偵作家を求めて(子育てに『黒死館』創作の秘密を見た・小栗虫太郎;養子なのに家庭内でもワンマンの遊び人・甲賀三郎;幻の探偵作家を訪ねて・西田政治 ほか)
鮎川哲也アンソロジー解説集2(殺意のトリック 解説;殺人設計図 解説;紅鱒館の惨劇 解説 ほか)

著者等紹介

鮎川哲也[アユカワテツヤ]
1919年、東京生まれ。GHQ勤務の傍ら創作活動を行い、のちに専業作家となる。晩年は新人作家発掘にも尽力した。2002年没。第13回日本探偵作家クラブ賞、第1回本格ミステリ大賞特別賞を受賞

日下三蔵[クサカサンゾウ]
1968年、神奈川県生まれ。出版社勤務を経てミステリ評論家、フリー編集者。編著『天城一の密室犯罪学教程』(日本評論社)で第5回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

engidaruma2006

6
かつて晶文社から出版された『こんな探偵小説が読みたい』の再録と、単行本未収録の『新・幻の探偵作家を求めて』と、鮎川氏が編んだアンソロジーの解説集を合わせた一冊。これと上巻とで完全版という事だが、両方買うと税込み9000円オーバー。誰が買うんだろう? 私は図書館から借りた。 内容的には、昔の探偵作家に鮎川氏が訪ねて当時を回想したり秘話を披露したりする物だが、まあとにかく知らない名前の作家のオンパレード(^-^)。古い話ばかりで興味も持ち辛い。アンソロジーの解説集も、わざわざ収録する意味があるのだろうかね?2020/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15796106
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。