新西班牙(イスパニヤ)語事始め―スペイン語と出会った日本人

個数:

新西班牙(イスパニヤ)語事始め―スペイン語と出会った日本人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 12時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846016623
  • NDC分類 860.2
  • Cコード C0087

内容説明

日本人とスペイン人はどのようにして出会い、どのようにスペイン語と接触し交わってきたのか。日本におけるスペイン語教育の歴史を辞典・学習書の出版史とともに辿る、スペイン語教育史の基礎資料。同学社版『スペイン語事始』(2013)を大幅に改め、新たに論考2篇・書き下ろし1篇を加えた新訂版。

目次

第1部 総論(日本人とスペイン語の出会い;スペイン語辞典発達小史)
第2部 出会いから江戸末期まで(日本に渡来した最初のスペイン人・ディエス;亜墨利加でイスパニヤ語を学んだ日本人・初太郎)
第3部 明治期(外務省第一回スペイン留学生・三浦荒次郎;日本におけるスペイン語教育の創始者・ビンダ ほか)
第4部 大正期(『四國對照南米語自在』・海外雄飛会;スペイン語通信教育講座事始・酒井市郎 ほか)
第5部 昭和期(孤高のスペイン語辞書編纂者・村岡玄;昭和戦前のスペイン語学習書 ほか)

著者等紹介

浅香武和[アサカタケカズ]
東京都出身。津田塾大学スペイン語講師、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学ガリシア語研究所員、日本学術振興会研究員(聖心女子大学)、スペイン文部科学スポーツ省HISPANEX研究員。ガリシア学士院会員。ラモーン・カバニージャス文学功励賞受賞(2014)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。