毒盃

個数:

毒盃

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年03月29日 09時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846015824
  • NDC分類 913.6

内容説明

ペトログラードに生を享けた主人公=浪雄は日露戦争下に来日するが、後に自らの銅像除幕式で“毒盃”を仰ぐ運命に弄ばれる。幻の長編を挿絵と共に初単行本化!

著者紹介

佐藤紅緑[サトウコウロク]
明治から大正、昭和にかけて活躍した小説家、劇作家、俳人。明治7年(1874)青森県弘前市生まれ、本名洽六。戯曲「侠艶録」や小説「行火」で脚光を浴び、「あゝ玉杯に花うけて」「大盗伝」「鳩の家」など数々の代表作を残す。東奥日報、河北新報、報知新聞など多くの新聞とも関わった。詩人サトウハチロー、作家佐藤愛子の父。昭和24年(1949)74歳で死没した

町田久次[マチダキュウジ]
新聞史研究家、ノンフィクション・ライター。昭和23年(1948)福島県会津美里町生まれ、新潟大学人文学部卒業。昭和46年(1971)福島民友新聞社に入社し、編集・報道記者、経理局長、取締役など歴任。平成25年(2013)福島県文学賞正賞、同準賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件