はじめての哲学

個数:

はじめての哲学

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年01月24日 21時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784751527641
  • NDC分類 130
  • Cコード C0010

内容説明

楽しく読めて、役にたつ!哲学者の人生に、生き方を学ぶ!14人の哲学者の人生をたどりながら、その思想を学ぶ哲学入門書。

目次

第1章 古代ギリシアの哲学(タレス・哲学の祖―「万物の根源は水だ」;ソクラテス・無知の知―「自分の無知を知っている」;プラトン・イデア論―「善悪二頭立ての馬車」;アリストテレス・万学の祖―「世界最初の動植物園」)
第2章 イギリス経験論と大陸合理論(ベーコン・帰納法の哲学―「学問は鷹に似ている」;デカルト・方法序説―「我思う、故に我あり」;カント・純粋理性批判―「認識のコペルニクス的転回」)
第3章 ドイツ哲学の全盛期(ヘーゲル・弁証法の哲学―「否定なくして発展なし」;ショーペンハウエル・意志の哲学―「意志がすべての源泉だ」;ニーチェ・超人哲学―「小児の無垢の心」)
第4章 現代世界への挑戦(ダーウィン・種の起源―「自分の好きなことに没頭する」;マルクス・史的唯物論―「哲学は解釈でなく変革だ」;デューイ・プラグマティズム―「多様性こそ進歩の原因である」;サルトル・実存主義―「自らを未来に向かって投げよ」)

著者等紹介

石井郁男[イシイイクオ]
1932年、北九州市小倉生まれ。1955年、九州大学教育学部(教育哲学)卒業。小・中・高等学校で40年間教鞭をとり、のち西南学院大学、九州国際大学で講師。現在、福岡県立大学、健和看護学院で哲学教師。北九州森鴎外記念会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件