ゴッホを旅する

個数:

ゴッホを旅する

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846014582
  • NDC分類 723.359
  • Cコード C0071

内容説明

人間として、画家として―善意の人、敬虔なプロテスタント、弱者に寄り添うヒューマニスト、オランダ伝統の清教徒、情熱的な理想主義者…多くの顔をもつゴッホが生涯をかけて描き、訴えたかったのは何だったのか。肖像画・風景画・静物画・デッサンほか作品世界を一望し、遺された膨大な書簡も繙きつつ、その芸術と心の旅路をたどる本格評論。

目次

1章 初期の名作“馬鈴薯を食べる人達”とその周辺(ゴッホと農民画;図像的源泉;リアリズムと精神性)
2章 多彩な自画像と描かれたパイプの謎(自画像とその周辺;ゴッホにおける肖像画と自画像;パイプの謎)
3章 リアリズムの表象としてのモチーフ“古靴”(ゴッホと静物;モチーフとしての靴;描かれた靴;ゴッホのリアリズム;ゴッホの古靴;二つの議論;この世の旅人)
4章 “烏の群れ飛ぶ麦畑”が暗示する“心の北帰行”(“終焉の地”オーヴェールのゴッホ;凄絶なゴッホの遺言状“烏の群れ飛ぶ麦畑”;その画面形式について;ゴッホにおける麦畑;烏=死の予感?;諸家の解釈;ゴッホの北帰行)
5章 “アルルのはね橋”ほかの「橋づくし」(橋さまざま;印象は以前の橋;印象派の橋;“アルルのはね橋”とその周辺)
6章 魂の独白としてのゴッホのデッサン(デッサンの芸術;デッサンへの道;魂のモノローグとしてのデッサン)

著者等紹介

千足伸行[センゾクノブユキ]
美術史家、成城大学名誉教授。1940年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、TBS(東京放送)を経て国立西洋美術館に勤務。1970~72年、西ドイツ(当時)政府給費留学生としてミュンヘン大学に留学。主にドイツ・ルネサンス美術を学び、帰国後、国立西洋美術館に復帰。1979~2011年、成城大学に勤務、現在は広島県立美術館館長。ヨーロッパ近代、特に世紀末美術を専門とし、多くの展覧会も企画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。