近代日本の国家主義エリート―綾川武治の思想と行動

個数:

近代日本の国家主義エリート―綾川武治の思想と行動

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846013639
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

時に学者として、時にジャーナリストとして、右派的な言説を絶えず社会に発信し、帝国日本の国家ベクトルを論理的に正当化する思想活動を営み続けたエリート国家主義者・綾川武治(1891‐1966)。綾川に関する史料・資料を整理し、これまで未詳な点があまりにも多かったその思想と行動を、近代日本政治思想史の中に鮮明に跡付ける。

目次

第1章 修学・形成期―出生~一九一〇年代(『田舎教師』の世界に生まれて;北辰斜めにさすところ ほか)
第2章 確立・行動期―一九二〇年代(満鉄研究員として;猶存社の日々 ほか)
第3章 将来の戦争と高次国防―シヴィリアン・インテリジェンス・オフィサー綾川武治(将来の人種戦争;敵は国際協調主義 ほか)
第4章 円熟期―一九三〇年代~四〇年代前半(純正日本主義対国家社会主義;右派ジャーナリストとして(その2) ほか)
終章 晩期―一九四〇年代後半~死没(公職追放、そして;戦後の事蹟)

著者等紹介

木下宏一[キノシタコウイチ]
1974(昭和49)年、埼玉県上尾市に生まれる。現在、保健医療経営大学講師(非常勤)。九州大学大学院地球社会統合科学府博士後期課程在籍中。近代日本思想史・文学史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。