俳諧つれづれの記―芭蕉・蕪村・一茶

個数:

俳諧つれづれの記―芭蕉・蕪村・一茶

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846012946
  • NDC分類 911.302
  • Cコード C0095

内容説明

近世に生きた三つの詩的個性の心の軌跡を、歴史の流れのなかに追究した異色のエッセイ。近世俳諧史の前・中・後の三期を代表する芭蕉・蕪村・一茶をつらねて、それぞれの個性の所在をさぐりながら、合わせて近世という時代の思想史的な変遷を跡づけた。

目次

1の記 旅人芭蕉(終りなきはじまり―天命としての旅;旅が栖か、栖が旅か―奥の細道をゆく;造化に帰る―風と芭蕉と;枯野に死す―「翠」という本掛)
2の記 画人蕪村(芭蕉への回帰―俳諧の趣味化;虚と実―生を写すということ;定住と旅―近世的な、あまりに近世的な;教養と創造―俳体詩の試み)
3の記 俗人一茶(俗の純粋化―人生と芸術とあいだ;凡愚と妙好人―俗のなかの白蓮華;歓びと悲しみと―『おらが春』のゆくえ;聖なる俗―慰めとしてのつぶやき)

著者等紹介

大野順一[オオノジュンイチ]
1930年、東京に生まれる。1957年、明治大学大学院文学研究科修了。専攻は日本文芸思想史。文学部助手、講師、助教授を経て、1971年、教授。文学科長、日本文学専攻主任(学部、大学院)など歴任。2001年、明治大学文学部教授の職を退く。著書に『詩と死と実存―日本文芸思想史研究』(角川書店、第5回茗水クラブ学術奨励賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。