胸に突き刺さる恋の句―女性俳人百年の愛とその軌跡

個数:

胸に突き刺さる恋の句―女性俳人百年の愛とその軌跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 04時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846012236
  • NDC分類 911.36
  • Cコード C0095

内容説明

久女が悩む、多佳子が笑う、信子が泣く、真砂女がしのぶ、平塚らいてうが挑発する、武原はんがささやく。明治以降百年の女性俳人たちが詠んだ恋愛の名句と、女性誌が果たした役割。めくるめく恋と愛の俳句ワールド。

目次

第1章 女性俳句の夜明け前―子規と北陸の美少女の伝説 我が恋は林檎の如く美しき(俳句は男の世界、だった;改革者、正岡子規の大仕事 ほか)
第2章 「青鞜」が発信した挑発的恋愛句―鳴神や、仁王の臍の紙礫。(男女の教育の基本は別学;女性俳人を育んだ女学校文化 ほか)
第3章 大正から昭和へ―競り合うかな女、久女と「主婦」の誕生 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ(「ホトトギス」の雑詠欄が晴れの舞台に;虚子が開いた女性俳句の扉 ほか)
第4章 昭和から平成へ百花繚乱―多佳子、鷹女、信子、真砂女、はん女…雪はげし抱かれて息のつまりしこと ゆるやかに着て人と逢ふ螢の夜 死なうかと囁かれしは螢の夜 香水やその夜その時その所(夫との死別という解放;多佳子と虚子、運命の「落椿」 ほか)

著者等紹介

谷村鯛夢[タニムラタイム]
1949年、高知県室戸市生まれ。72年、同志社大学文学部卒業。「マイクック」「婦人画報」「25ansウエディング」「HOW TO MAKE UP」「トランタン」などの女性誌に編集者、編集長として長く関わり、2005年より出版プロデューサー、コラムニスト。携わった俳句系書籍、コラムも多い。現在、俳人協会会員、現代俳句協会会員。俳句結社「炎環」同人、「馬醉木」会員、俳句集団「粗々会」同人。編集工房・鯛夢を主宰(谷村和典)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。