論創海外ミステリ<br> チャーリー・チャン最後の事件

個数:

論創海外ミステリ
チャーリー・チャン最後の事件

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年05月12日 16時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 377p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846007904
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

サンフランシスコの屋敷で、オペラ歌手である美しい女性と四人の男が一堂に会した。四人の男は全員がその女性の別れた夫。それぞれの思惑が交錯するなか、突然その女性が殺害される。ある調査で屋敷に招かれていたホノルル警察のチャーリー・チャン警視が捜査にあたる。愛憎入り乱れる事件の鍵を握っているのは誰か。中国系アメリカ人チャーリー・チャン最後の事件、ついに邦訳。

著者等紹介

ビガーズ,E.D.[ビガーズ,E.D.][Biggers,E.D.]
1884‐1933。アール・デア・ビガーズ。アメリカ、オハイオ州生まれ。ハーヴァード大学を卒業後、新聞で劇評などを担当。1913年に発表したミステリ小説Seven Keys to Baldpateが舞台化され好評を得る。25年に中国系アメリカ人チャーリー・チャンを探偵役に据えたシリーズ第1作『鍵のない家』を上梓。その後計6作を発表する

文月なな[フミズキナナ]
北海道大学文学部行動科学科卒。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。