パリ五月革命と日本人留学生

個数:

パリ五月革命と日本人留学生

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年02月21日 14時22分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846007720
  • NDC分類 235.07
  • Cコード C0023

内容説明

大手商社の語学留学生として憧れのフランスに渡った著者は、商社を辞め、ふたたびソルボンヌ大学留学生として渡仏する。1968年、パリは五月革命の嵐となった。そのとき街頭の争乱に巻き込まれて負傷し、フランス政府、パリ警視庁を相手に損害賠償を求めて孤独の戦いをすすめるが、その中でフランス文化の神髄にふれる。

目次

第1部 パリの舗道は催涙弾に煙った(五月三日の出来事;留学生医師の介抱;事件の新聞報道 ほか)
第2部 嵐の後の孤独な闘い(IPFEの期末試験;大学博士号取得への夢;フランス・スワール特集誌『五月の日々』 ほか)
第3部 天職を求めて(日本脱出の心境;海外留学生試験に合格;フランス修業生の生活 ほか)

著者等紹介

舩岡末利[フナオカスエトシ]
1931年山形県鶴岡市に生れる。1954年3月東北大学経済学部卒業。1954年4月~1966年8月大手商社勤務。1966年9月~1968年6月パリ大学留学(Cours de civilisation francaise,degr´e sup´erieurおよびInstitut des professeurs de francais `a l’´etranger,litt´erature contemporaineのdipl^omes取得)。1969年4月京都大学文学部・文学研究科仏語学仏文学専攻修士課程入学。1971年3月同上修了。同志社大学、立命館大学等の仏語非常勤講師。1979年4月東海大学助教授。1985年4月東海大学教授。1992年4月~1994年3月同学外国語教育センター主任教授。1997年3月東海大学定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。