論創ミステリ叢書<br> 徳冨蘆花探偵小説選

個数:

論創ミステリ叢書
徳冨蘆花探偵小説選

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月10日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846004262
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

名探偵穴栗専作の冒険と回想。疑獄譚、国際謀略、サスペンス…小酒井不木絶賛の芸術的探偵小説、戦後初の刊行。

著者等紹介

徳冨蘆花[トクトミロカ]
1868(明元)年、肥後国水俣郷生まれ。本名健次郎。兄猪一郎(蘇峰)の庇護のもと、京都同志社に学ぶが、新島襄の義姪との恋愛事件により出奔。89(明22)年に上京、兄の経営する民友社に入り、『国民新聞』『国民之友』等に、海外探偵小説の訳述も含めた、さまざまな文章を載せる。98~99年の「不如帰」によって認められ、続いて「自然と人生」「思出の記」を発表し、文壇的地位を確立した。トルストイに心酔し、1906年に訪問(「順礼紀行」)。07年には東京府下千歳村粕谷に移住し、半農生活を始める(「みみずのたはごと」)。晩年には宗教文学として「新春」「日本から日本へ」「富士」等を発表。27(昭2)年、伊香保にて没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。