実心実学の発見―いま甦る江戸期の思想

個数:

実心実学の発見―いま甦る江戸期の思想

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年05月10日 16時26分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846003159
  • NDC分類 121.5
  • Cコード C0012

内容説明

貝原益軒、熊沢蕃山、宮崎安貞、石田梅岩、安藤昌益、三浦梅園、山片蟠桃、大蔵永常、二宮尊徳、渡辺崋山、横井小楠、11人の思想を斯界の権威が、平易にその核心を解析する。

目次

序論 実心実学とは何か、その視点
貝原益軒の『楽訓』の世界/自然と読書―二つの楽しみの源泉
熊沢蕃山の“民衆的儒学”と“生態学的文明論”
宮崎安貞―孤高の農哲学者
石田梅岩―心学の本質
安藤昌益―収奪の世から自然の世へ
三浦梅園―天地の人と天地の道
山片蟠桃―上方町人の無神論的合理主義
大蔵永常における自立経済
二宮尊徳―人道としての至誠実行の学
渡辺崋山―徳治主義と“世界普遍の真理”の自覚
横井小楠の実学

著者等紹介

小川晴久[オガワハルヒサ]
二松学舎大学大学院教授・東京大学名誉教授。東京大学で東洋史と中国哲学を学ぶ。専門は東アジア思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件