丸山真男と戸坂潤―護憲の論理と丸山政治学の陥穽

個数:

丸山真男と戸坂潤―護憲の論理と丸山政治学の陥穽

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846001742
  • NDC分類 311.21
  • Cコード C0030

内容説明

護憲の論理をめぐる丸山政治学の限界と戸坂潤『日本イデオロギー論』の核心。

目次

戦後の出発―その時代を深く思索した人々の記憶
第1部 丸山政治学の原点と戸坂潤(丸山政治学の出発点にみる「論理と心理」;「日本ファシズム」の虚像と歴史の真実;「軍国支配者の精神形態」の混乱と戦後思想 ほか)
第2部 戦後リベラリズムの分岐と丸山政治学(護憲リベラリズムの俊英の論客として;丸山政治学の「戦略戦術」と戦争責任論;獄死した戸坂への14年後の論難 ほか)
21世紀をむかえる時代の思想

著者等紹介

今井伸英[イマイノブヒデ]
1935年生まれ。静岡県出身。1958年横浜国立大学工学部卒業。1958年4月大日本印刷株式会社入社。61年3月同社退社。以後、青年運動、政治活動、ジャーナリズムなどの分野に携わる。現在、東京学習会議会員、東京労働学校講師。著書『青年の生きがいと社会進歩』(1979年)『暮らしのなかの政治』(1983年)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。