アートートロジー―「芸術」の同語反復

個数:

アートートロジー―「芸術」の同語反復

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月18日 00時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845918140
  • NDC分類 702.06
  • Cコード C0070

内容説明

アートはなぜアートなのか?アートをアートたらしめているものとは何か?マルセル・デュシャンの「泉」から一世紀を経て、芸術の未解決問題に挑む、待望の現代アート論、堂々の刊行。

目次

2017年の概念芸術
言葉とモノ
ポストインペリアル/ポストコロニアル
デザインなのかアートなのか
アートナラトロジー
「芸術祭」という問題
「マイクロポップ」再考
会田誠と小沢剛
一本の映画と三冊の本
アフター・アートートロジー

著者等紹介

佐々木敦[ササキアツシ]
1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。文学、音楽、演劇、映画、美術など、芸術文化を貫通する批評活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

阿部義彦

17
音楽評論、文学評論が主な佐々木敦さんが初の美術評論に挑んだ本です。クサイ出版社、フィルムアート社から。佐々木敦さんは実にマメに美術展を見に行ってるのですね。マルセル・デュシャンの問い、「芸術」でないような作品をつくることが出来るだろうか。 をひとつの命題としてそこから、思考を飛躍させます。主に現代美術を通して、「マイクロポップ」「網膜的絵画」などをキーワードに、アートをアートたらしめているものは、何かを問います。会田誠、奈良美智、小沢剛、大友良英などに関する言及も。かなり手強いです。読み直し必須。2019/03/23

TOMYTOMY

1
あっちゃんの美術的キューレーション。 周縁と核心のバランスから読みやすいし、入りやすいしこの仕事を請け負う人も最近は中々少ない。 ライトさとヘヴィーさの中間が取っつきやすい。2019/08/27

くも

0
佐々木敦の思索を追体験できるような構成が面白い2020/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13529644
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。