あのころ、天皇は神だった

個数:

あのころ、天皇は神だった

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 14時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 189p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784845917068
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

第二次世界大戦中のアメリカで、強制退去によって追われた日系人の一家。

彼らはユタ州の砂漠にある収容所に送られる。家族それぞれの視点から語られる、有刺鉄線の内側で過ごす日々……。

オオツカの長編デビュー作、待望の新訳。



「かつて、「日本人」であるというだけで、囚われたひとたちがいる。ひどいめにあわされたひとたちがいる。かれらの普通の日々を狂わせたのは、「神」だった」

――温又柔(小説家)



「歴史のけたたましい音の下でひっそりと息を殺していた、名もなき声の数々が、物語のなかでこだまする。不穏で、残酷で、そして美しい言葉が」

――藤井光(アメリカ文学研究者)



【内容紹介】

カルフォルニア州バークレーで暮らす日系アメリカ人家族に突然訪れた不幸。

パール・ハーバーの夜、父親が尋問のためFBIに連行された。

そして翌1942年春のある晴れた日、街のいたるところにあの告知が現れた。「強制退去命令十九号」。

残された母親とその子ども二人が、込み合う列車に乗り込み、たどり着いたのは、ユタの埃っぽい砂漠の有刺鉄線で囲われたバラックの町だった…。



「天皇が神だった」あの時代、名もなき家族の人生が深く、大きくゆさぶられる…。



『屋根裏の仏さま』でPEN/フォークナー賞を受賞した、ジュリー・オオツカのデビュー作が小竹由美子の新訳で復刊。

強制退去命令十九号

列車

あのころ、天皇は神だった

よその家の裏庭で

告白

  訳者あとがき

ジュリー・オオツカ[ジュリーオオツカ]
著・文・その他

小竹由美子[コタケユミコ]
翻訳

内容説明

第二次世界大戦中のアメリカで、強制退去によって追われた日系人の一家。彼らはユタ州の砂漠にある収容所に送られる。家族それぞれの視点から語られる、有刺鉄線の内側で過ごす日々…。オオツカの長編デビュー作。

著者等紹介

オオツカ,ジュリー[オオツカ,ジュリー] [Otsuka,Julie]
1962年カリフォルニア州パロアルトに生まれる。父は戦後渡米した一世で母は二世。イェール大学で絵画を学び、コロンビア大学大学院で美術学修士号取得。二人の弟は弁護士と政治哲学及び倫理学講師。2002年、大学院在学中に書き始めた『あのころ、天皇は神だった』でデビュー、注目を浴び、アレックス賞、アジア系アメリカ人文学賞を受賞。2004年、グッゲンハイム奨学金を受ける。2011年、二作目の『屋根裏の仏さま』を刊行、PEN/フォークナー賞、フランスのフェミナ賞外国小説賞、ドイツのアルバトロス文学賞ほかを受賞、全米図書賞最終候補となった

小竹由美子[コタケユミコ]
1954年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。訳書にアリス・マンロー『イラクサ』『ディア・ライフ』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

107
これは...、訴えてこなかった。語り口が合わないということあるかも。された事を理不尽に思う気持ちが際立っているように捉えてしまうから、ダメなのかもしれない。2018/12/09

みねたか@

36
アメリカ、日系人の一家。真珠湾攻撃により敵性外国人となり、父は勾留され、残された家族は収容所に送られる。移動する汽車、収容所、そして解放された以後のくらし。寂しさ、怖れ、不安、屈辱など、さまざまな感情が淡々とした筆致の中でリアルに胸に迫ってくる。苛烈な数年間の軌跡が僅か200ページ弱の中に凝縮されている。こんな素晴らしい出会いがあるから読メはやめられない。2020/04/19

くさてる

31
第二次世界大戦中に日系米国人が強制収容所に抑留されていた事実を基にした「屋根裏の仏さま」が素晴らしかったので、同テーマで一冊目のこの本も読んでみた。解説によると文字通りの処女作である「強制退去命令十九号」が図抜けて良かった。ちょっと息をのむようなきつい場面があるほかは、主婦の淡々とした日常の仕草として描かれる強制収容所に向かう準備。しかし、そのきつい場面こそがこの事態の非人間さを象徴しているのかも。あとは最後の「告白」。この静かな言葉に秘められた弾劾の厳しさと苦しさ、脱力感。良かったです。2019/04/06

星落秋風五丈原

31
そんなに天皇一辺倒という内容ではない。登場人物はある一家のそれぞれのようにも思えるが、名前がないので収容所に送られた家族のいずれにも当てはまるようである。この手法は誰でもやっていいというわけではないのでご注意を。2018/10/25

かもめ通信

31
第2次世界大戦中、アメリカの西海岸に暮らす日系アメリカ人一家が、住んでいた家から退去させられ、ユタ州の砂漠の真ん中にある強制収容所に送られた話を題材にしたジュリー・オオツカの長編デビュー作。とても静かで穏やかと言っていいほど抑制のきいた文章が、胸にせまりくるほどみごとに抑圧を言い表しうることにおどろいた。2018/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13127187
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。