日本映画時評集成2000‐2010

個数:

日本映画時評集成2000‐2010

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 467p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784336054821
  • NDC分類 778.21

内容説明

徹底して日本映画の現在と格闘しながら新たな“活劇の行方”を問いつづける―「キネマ旬報」で25年にわたって連載中の“日本映画時評”を一挙単行本化。

目次

初冬の映画日誌
大島渚と時代劇
ロッテルダムの深作欣二
eメール文体と映画
逸脱の勢いとの向き合い方
空気が薄い
報道と表現
阪本順治の跳躍
脚本家の怒り
ダメなものはダメ〔ほか〕

出版社内容情報

時評を突き抜けた圧巻の日本映画時評集成、ゼロ年代篇。

徹底して日本映画の現在と格闘しながら、新たな〈活劇の行方〉を問いつづける――「キネマ旬報」に25年にわたって連載中の《日本映画時評》ゼロ年代分(2000~2010)を単行本化。つづけて80年代編、90年代編も刊行予定、全3冊で新しい形の日本映画事典が完成する。