わたしが障害者じゃなくなる日―難病で動けなくてもふつうに生きられる世の中のつくりかた

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

わたしが障害者じゃなくなる日―難病で動けなくてもふつうに生きられる世の中のつくりかた

  • ウェブストアに28冊在庫がございます。(2019年10月18日 09時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 149p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784845115891
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

わたしに障害があるのは、あなたのせいです。そう言ったら、おどろきますか?難病をかかえ、人工呼吸器とともに生きる著者からのメッセージ。みんなの思いが重なって、社会が変われば、障害なんてなくなるんだよ。

目次

1章 わたしは障害者なの?(歩けないから障害者なの?;障害はなくせるの?;脊髄性筋萎縮症(SMA)という病気 ほか)
2章 障害者ってかわいそうなの?(車いすの理由は人それぞれ;いっしょに遊ぶ方法を考えよう;ラーメン屋さんの合理的配慮 ほか)
3章 人間の価値ってなんだろう?(たいへんだけど、不幸じゃない;人工呼吸器でも自立できる;「生きるのがつらい」と「死にたい」はちがう ほか)