日本外交史人物叢書 〈第18巻〉 日米外交秘話 来栖三郎

個数:

日本外交史人物叢書 〈第18巻〉 日米外交秘話 来栖三郎

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784843306840
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C3331

出版社内容情報

来栖三郎 1886~1954 神奈川県生。戦後なお「偽りの大使」として米国から指弾された著者が、日米交渉に至る自らの外交官人生を回顧し、日本外交の問題点を反省しながらも、その「狙いには暗い影は決してなかった」ことを明らかにすることを念願として執筆した書。個人的には批判的であった日独伊三国同盟に駐独大使として署名した経緯が語られ、続いて開戦回避を目的とした日米交渉に特派大使として渡米し、精進を傾けて打開を模索しながら真珠湾攻撃によって水泡に帰するまでの交渉内容が証言される。