薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47―赤羽根先生に聞いてみよう

個数:

薬局・薬剤師のためのトラブル相談Q&A47―赤羽根先生に聞いてみよう

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784840745871
  • NDC分類 498.14
  • Cコード C3047

内容説明

薬局・薬剤師に起こりうる問題をQ&A形式にまとめ、事案に即してわかりやすく解説。法的責任の有無や程度だけでなく、事前の予防についても言及、予防から事後対応まで活用できる。

目次

1 調剤過誤発生!薬剤師が負うべき責任とは?
2 患者対応から裁判、損害賠償まで調剤過誤発生時の対処と手続き
3 責任を負うのは薬剤師?医師?患者自身?「薬剤師のミス」とはいい切れない調剤事故
4 これも押さえておきたいその他のトラブルへの対処と未然防止策
5 残業、有休、転退職…経営者・勤務薬剤師間のトラブル
6 きちんと備えておきたい薬局経営におけるリスクマネジメント

著者等紹介

赤羽根秀宜[アカバネヒデノリ]
薬剤師として調剤薬局で約10年勤務した後、弁護士となる。現在は、企業法務や一般民事などさまざまな事件を弁護士として扱うかたわら、薬剤師の業界にも積極的に関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。