シチュエーションに応じた消毒薬の選び方・使い方

個数:

シチュエーションに応じた消毒薬の選び方・使い方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月01日 03時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 204p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784840745611
  • NDC分類 491.72
  • Cコード C3047

内容説明

菌・モノ・ヒトによる使い分けを徹底解説!“なぜ?”に答えるエビデンスが満載。現場でみられがちな「誤った使い方」を紹介。

目次

第1章 消毒薬の基本を知る(滅菌・消毒の基本)
第2章 押さえておきたい消毒薬の特徴(高水準消毒薬;中水準消毒薬(次亜塩素酸ナトリウム;ポビドンヨード;アルコール)
低水準消毒薬
低水準消毒薬の誤った使用例
消毒薬の使用期限は?
事例から学ぶ消毒薬のリスクマネジメント)
第3章 微生物からみた消毒のポイント(ウイルスの消毒―ノロウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、HIV、アデノウイルス;細菌の消毒(MRSA、多剤耐性緑膿菌;腸管出血性大腸菌、多剤耐性アシネトバクター;芽胞―枯草菌、セレウス菌、炭疽菌、クロストリジウム・ディフィシル)
真菌)
第4章 人体に対する消毒のポイント(生体消毒;手指消毒)
第5章 こんなときはどの消毒薬を使う?(環境消毒;注射剤の混注(ミキシング)と消毒Q&A
器材の消毒(1)「食」・「ネブライザー」関連器材
器材の消毒(2)「リネン・ベッド」・「処置」関連器材
器材の消毒(3)「入浴」・「排泄物」関連器材
厨房での消毒)