インスリン・インクレチン関連薬の自己注射くすりとデバイスQ&A―薬と注入器の特徴・選び方のコツがまるわかり! (第2版)

個数:

インスリン・インクレチン関連薬の自己注射くすりとデバイスQ&A―薬と注入器の特徴・選び方のコツがまるわかり! (第2版)

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 174p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784840445719
  • NDC分類 493.12
  • Cコード C3047

目次

1章 糖尿病注射薬にはどんな種類があるの?
2章 注入器・針にはどんな種類があるの?
3章 自己注射のリスクマネジメントにはどんなものがあるの?
4章 注入器をさらにくわしくみてみよう!
5章 自己注射指導で大切なことをまとめよう!
6章 自己注射指導に役立つ資料集

著者等紹介

朝倉俊成[アサクラトシナリ]
新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室教授。1984年3月新潟薬科大学卒業。1989年3月太田綜合病院薬剤部勤務。1996年4月太田西ノ内病院薬剤部勤務薬局長補佐。2000年9月博士(薬学)。2001年3月日本糖尿病療養指導士。2006年4月新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室准教授。新津医療センター病院薬剤部長(兼務:2007年6月まで)。2012年4月新潟薬科大学薬学部臨床薬学研究室教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

糖尿病治療において自己注射を行うインスリン、インクレチン関連薬について、最新の情報も含め、薬剤の特徴と注入器の使用法を解説。患者さんに合ったデバイスを選択できるよう、数字の見やすさ、握りやすさ、注入ボタンの押しやすさなど、メーカーの解説書だけでは比べにくい資料も満載。

【著者紹介】
新潟薬科大学 薬学部臨床薬学研究室教授