北タイ・冒険の谷

個数:
電子版価格 ¥2,750
  • 電書あり

北タイ・冒険の谷

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月20日 17時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 133p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784839603236
  • NDC分類 382.237
  • Cコード C0030

内容説明

テントの中で目をつぶると、自然や生き物の気配が近づいてくる。―渓流、大風、木の葉、ヨタカ、イヌ、ネコ、ニワトリ、ブタ、ネズミ、コウモリ、カエル、トカゲ、ガ、セミ、クモ、キリギリス。奥行きのある空間へと私は融け込んでいく。そんなふうに眠る…。村びとは、習慣的に、熱帯林でとれる旬のものを食べている。彼らは、人間がことさら意識しなくても、栄養のバランスが一年単位で保たれることを、経験的に知っているのかもしれない。「大船に乗っている」とは、栄養については、周囲の山々に頼りきって安心しているということなのだ…

目次

1 “シンプルに暮らす”…衣・食・住の知恵
2 “森を大事にする”…環境と伝統の継承
3 “助け合って働く”…今日の生業と交通
4 “外の世界と折り合う”…「独自性」の展開
5 “自立心を養う”…子どもとコミュニティ
6 “恋人たちは考える”…規範と自由のはざま
7 “訪問者は体験する”…山村への加入儀礼

著者等紹介

富田育磨[トミタイクマ]
東南アジア地域ボランティア、フィールドワーカー。1972年、千葉県生まれ。学習院大学経済学部卒。銀行を九カ月間で退職のあと、地元学習塾でアルバイトをしながら、和声理論や民族音楽の基礎を学ぶ。2006年、はじめてタイを訪ねる。2008年から、北タイの少数民族山村を頻繁に訪ねて滞在し、少数民族語を使って、森林の緑化活動、伝承歌や生き物の調査活動、日本語の普及活動にかかわる。これまで現地で寝食を共にしたボランティアの人数は、日本とタイの大学生を中心に四〇〇人に上る。現在、メーファールアン芸術文化公演(タイ王室財団が管轄する文化施設)特別主任研究員(北タイ山村担当)、NPO法人草の根国際協力研修プログラム(日本のNGO)タイ現地担当。放送大学総合科目「情報化社会と国際ボランティア」(放送=2019年4月~)の第13回にゲスト出演。また、タイ国家学術調査委員会(NRCT)より研究許可証(期間=2019年12月~2021年7月)の交付を受けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。