CASA BOOKS<br> 美味しいコーヒーって何だ?

個数:

CASA BOOKS
美味しいコーヒーって何だ?

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月22日 14時03分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838725403
  • NDC分類 596.7
  • Cコード C0095

内容説明

アーティストのように作ってロックミュージシャンのように表現したい。それが信条の異端の焙煎家オオヤミノル。美味しいコーヒーとは何かをテーマにサンフランシスコ→鹿児島→鎌倉→東京の名物ロースターたちを訪ねて論議を重ねた。最先端のコーヒーは日本から生まれる。

目次

オオヤミノルって誰だ?
二〇一二年晩春 鹿児島 井ノ上達也に会う
二〇一二年初夏 鹿児島 再び、井ノ上達也に会う
二〇一二年盛夏 鎌倉 堀内隆志に会う
二〇一二年盛夏 青山 大坊勝次に会う
精一杯のあとがき
BONUS STORY 焙煎家オオヤミノルが見たベイエリアのコーヒー事情

出版社内容情報

異端ともいわれるカリスマ焙煎家のオオヤミノル。
彼のローストするコーヒーはまさに入手困難。
そんなオオヤミノルさんがおいしいコーヒーとはなにかをテーマに
サンフランシスコ→鹿児島→鎌倉→東京→鎌倉→鹿児島の
名物ロースターたちをめぐるコーヒー紀行。
最先端のコーヒーは日本から生まれる?

コーヒーの新しい波とは?
サンフランシスコのベイエリアからはじまった
サードウェイブというコーヒーのムーブメントは
コーヒーをワインのように語り始めました。
一方で独自のアプローチでおいしいコーヒーを追求する焙煎家、オオヤミノル。
ネルドリップで深煎りを好む、彼のアプローチはオールドスクールと
ニュースクールの間を行き来する独自の立ち位置を極めています。
常に進化するコーヒーシーンでアーティストのようにコーヒーの味を模索し、
ロックミュージシャンのように客の前でコーヒーを淹れる、
オオヤミノルさんが日本のカリスマバリスタや
サンフランシスコ・ベイエリアの新世代の取材を通して
最先端のおいしいコーヒーのありかたを伝えます。

オオヤミノルって誰だ?
二〇一二年晩春 鹿児島 井ノ上達也に会う。
二〇一二年初夏 鹿児島 再び、井ノ上達也に会う。
二〇一二年盛夏 鎌倉 堀内隆志に会う。
二〇一二年盛夏 青山 大坊勝次に会う。
精一杯のあとがき
BONUS STORY
焙煎家オオヤミノルが見たベイエリアのコーヒー事情。

【著者紹介】
コーヒー焙煎家:オオヤコーヒ代表 京都出身。異端焙煎家ともいわれるオオヤミノルさんが焙煎するコーヒーはとびきり人気で入手困難ともいわれる。アーティストのように作って、ロックミュージシャンのように表現する、コーヒーシーンのカリスマ。