65歳からの健康づくりは5分の筋トレ+もりもり肉料理

個数:

65歳からの健康づくりは5分の筋トレ+もりもり肉料理

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月23日 20時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 79p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784838725311
  • NDC分類 780.7
  • Cコード C0095

内容説明

シニアにはシニアの方法がある!短い時間でも筋肉痛になるぐらいの強さの「筋トレ」と、肉を恐れず1日3回タンパク質を入れた「食生活」。

目次

1 70歳でも遅くなかった(殿塚先生が71歳から筋トレに目覚めた体験談)
2 筋トレは下肢を中心に(筋トレの考え方;筋トレのメニュー;65歳からの「基本の筋トレ」5つ ほか)
3 肉と魚と大豆を意識する食事(食事の考え方;肉の調理アイデアとレシピ3つ;魚の調理アイデアとレシピ3つ ほか)

著者等紹介

殿塚婦美子[トノズカフミコ]
平成22年3月、女子栄養大学定年退職。女子栄養大学名誉教授、同栄養科学研究所客員教授、博士(栄養学)。退職後も大学において委託研究業務の実験・研究、セミナー開催等や専門分野の講演、執筆活動を行っている。また、一般社団法人EDG研究会代表理事として、より良い健康づくりのためには、適切な運動と正しい食事が重要であることを普及啓発するための事業として、講演会・研修会および運動指導の開催等を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

50歳から急激に衰える筋肉を、“正しい方法”で鍛えよう!

いつまでも若々しくキレイにいるために必要なのは「運動」と「食事」。
けれど、シニアにはシニアの、若い世代とは違った “正しい方法”があります。
筋肉痛になるぐらい、ある程度キツい下肢の筋トレを5分集中的に行うこと。
「痩せたいから野菜だけ」などと言わず、タンパク質を3食もりもり食べること。
その“正しい方法”は意外に簡単! そして著者のように70歳からでも遅くないのです!!
あなたも今すぐ「運動」と「食事」を見直してみませんか。

50歳から急激に衰える筋肉を、“正しい方法”で鍛えよう!

いつまでも若々しくキレイにいるために必要なのは「運動」と「食事」。
けれど、シニアにはシニアの、若い世代とは違った “正しい方法”があります。
筋肉痛になるぐらい、ある程度キツい下肢の筋トレを5分集中的に行うこと。
「痩せたいから野菜だけ」などと言わず、タンパク質を3食もりもり食べること。
その“正しい方法”は意外に簡単! そして著者のように70歳からでも遅くないのです!!
あなたも今すぐ「運動」と「食事」を見直してみませんか。

第1章 70歳でも遅くなかった
殿塚先生が71歳から筋トレに目覚めた体験談

第2章 筋トレは下肢を中心に
筋トレの考え方
筋トレのメニュー
65歳からの「基本の筋トレ」5つ
「基本の筋トレ」のためのストレッチ3つ
効果を実感しやすい体幹トレ3つ
正確に効くマシントレ3つ

第3章 肉と魚と大豆を意識する食事
食事の考え方
肉の調理アイデアとレシピ3つ
魚の調理アイデアとレシピ3つ
大豆の調理アイデアとレシピ3つ

【著者紹介】
平成22年3月、女子栄養大学定年退職。女子栄養大学名誉教授、同栄養科学研究所客員教授博士(栄養学) 。
主な編著書は「大量調理ー品質管理と調理の実際ー」学建書院「栄養・食事管理のための施設別給食献立集」建帛社ほか。
退職後も大学において委託研究業務の実験・研究、セミナー開催等や専門分野の講演、執筆活動を行っている。また、一般社団法人EDG研究会代表理事として、より良い健康づくりのためには、適切な運動と正しい食事が重要であることを普及啓発するための事業として、講演会・研修会および運動指導の開催等を行っている。