アンのゆりかご―村岡花子の生涯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784838718726
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

戦争中、命がけで「アン」を翻訳した村岡花子の初めて明かされる情熱の人生。

目次

戦火の中で『赤毛のアン』を訳す―昭和20年(1945)4月13日、太平洋戦争が終結する4ヶ月前
ミッション・スクールの寄宿舎へ―明治26~36年(1893~1903、誕生~10歳)
英米文学との出会い―明治37~40年(1904~07、11~14歳)
「腹心の友」の導き―明治41~大正2年(1908~13、15~20歳)
大人も子供も楽しめる本を―大正3~6年(1914~17、21~24歳)
魂の住み家―大正7~10年(1918~21、25~28歳)
悲しみを越えて―大正11年~昭和2年(1922~27、29~34歳)
婦人参政権を求めて―昭和3~13年(1928~38、35~45歳)
戦時に立てた友情の証―昭和14~20年(1939~45、46~52歳)
『赤毛のアン』ついに刊行―昭和21~27年(1946~52、53~59歳)
愛おしい人々、そして本―昭和28~43年(1953~68、60~75歳)
『赤毛のアン』記念館に、祖母の書斎は残る―アン誕生100周年、花子没後40年の平成20年(2008)4月13日

著者等紹介

村岡恵理[ムラオカエリ]
1967年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、ライターとして雑誌を中心に活動。1991年より祖母、村岡花子の書斎を「赤毛のアン記念館・村岡花子文庫」として翻訳家の姉、村岡美枝と共に著作物、蔵書、資料を保存。月2~3回、予約制で愛読者や研究者に公開している。また『赤毛のアン』の著者、L.M.モンゴメリの子孫やプリンス・エドワード島州政府と交流を続け、日本とカナダの友好関係の促進につとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。