知的生きかた文庫<br> 書き替えられた日本史

電子版価格 ¥628
  • 電書あり

知的生きかた文庫
書き替えられた日本史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784837982463
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0130

出版社内容情報

研究成果により、年々書き替えられる歴史教科書。どこがどう変わったのか? 教科書だけでなく最新の日本史の争点を解説!

「いい国つくろう鎌倉幕府」――日本史が苦手だった人も、この語呂合わせは記憶に残っているはず。
でも、現在の歴史教科書では、鎌倉幕府の成立は1192年ではなくなっているのです。

このように、10年、20年前の歴史の教科書には記述されていた“常識”ともいえる事柄が、
現在の教科書では否定され、あるいは名称が変わるなどして、ずいぶん様変わりしているのをご存じですか?

たとえば、縄文時代に稲作が行なわれ、仁徳天皇陵は大仙陵古墳に名前が変わり、聖徳太子の存在も曖昧になり、
和同開珎は日本最古の貨幣ではなくなり、鉄砲は中国人倭寇の船が伝え、比叡山焼き討ちはなかった!?

――近年の研究により、いつの間にか書き替えられた日本史の最新情報を、教科書の記述の変化を中心に、
現在論争中のホットな話題も交えて、豊富な図版とともにわかりやすく紹介・解説します。

第1章◆覆された日本史の定説
 人類の誕生/日本の旧石器時代/三内丸山遺跡/稲作の始まり/「漢委奴国王の金印/三角縁神獣鏡/任那日本府/
 藤ノ木古墳/日本最古の貨幣/鎌倉幕府成立/文永の役/懐良親王の大宰府入り/倭寇/鉄砲伝来/川中島の合戦/
 長篠合戦/比叡山焼き討ち/本能寺の変

第2章◆あの歴史用語はこう変わった!
 大和朝廷/『魏志』倭人伝/仁徳天皇陵/渡来人/蝦夷の反乱/鎌倉新仏教/町衆/問丸/真田幸村/島原の乱/
 踏絵と絵踏/士農工商/天領/由井正雪の乱

第3章◆あの肖像画はいったい誰?
 聖徳太子像/源頼朝像/足利尊氏像/武田信玄像/織田信長像/西郷隆盛像

第4章◆新事実により教科書の記述も変わった!
 邪馬台国論争/初代天皇/崇仏論争/法隆寺再建論争/大化の改新/出雲大社/シルクロード/井真成/鳥獣人物戯画/
 安土城/寺田屋事件/アイヌ文化

第5章◆教科書でも変わりつつある人物評価
 聖徳太子/蘇我氏/平氏政権/親鸞/北条早雲/今川義元/斎藤道三/楽市・楽座/小西行長/徳川綱吉/徳川吉宗/
 田沼意次/江戸幕府/広瀬武夫/乃木希典/『舞姫』

内容説明

種子島に鉄砲を伝えたのは、ポルトガル船ではなく、「中国人倭寇」の船だった!日本一の古墳は「大仙陵古墳」(仁徳天皇陵は?)、最古の貨幣は「富本銭」(和同開珎の立場は?)、聖徳太子の事績は虚構(存在もあやしい!?)、鎌倉幕府成立は1192年ではない(諸説の一つに!)、斎藤道三は親子二代の下剋上(油売りではなかった!?)、徳川綱吉は名君だった(生類憐みの令を出したのに?)、江戸時代、鎖国などしていなかった(「海禁」というべき?)…覆される「日本史の常識」!「昭和~平成」でこんなに変わった歴史の教科書。

目次

第1章 覆された日本史の定説
第2章 あの歴史用語はこう変わった!
第3章 あの肖像画はいったい誰?
第4章 新事実により教科書の記述も変わった!
第5章 教科書でも変わりつつある人物評価

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rosetta

10
このところ立て続けにこの手の本を読んだが、これが1番面白かった。教科書にこだわっていないから視野が広いのかな、2019/01/13

たか

8
類書はいくつかありますがとりあえずこれを読んでみました2015/09/08

nori

4
Nothing new for me. However, it is little surprise that nowadays students are learning history based on it. Do they understand 'How to make history by winner or current authority/government'?2014/04/03

エイドリアン

3
歴史って面白い。この面白さをどうやって伝えたら良いのか、いつも悩みながら中学生に教えています。この本すごくためになります。2014/03/07

かず

2
学生のときにテストで覚えた内容が今では変更されていることを知った。歴史上の事実は現代ではさまざまな人の思いで曲げられ、脚色される。やはり歴史に名を残すような人物であれば、一方で悪者と描かれても、その時代を精一杯生きたことからも、それぞれ深い思惑があって行動していたと感じさせられた。名を残した人物については、先入観なく客観的にみるべきだと考えさせられた。2015/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7866149

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。