花城祐子の絵手紙画帖―心に花が咲きますように

個数:
  • ポイントキャンペーン

花城祐子の絵手紙画帖―心に花が咲きますように

  • 花城 祐子【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • マール社(2017/02発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 90pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 03時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 134p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784837307495
  • NDC分類 724
  • Cコード C3071

出版社内容情報

いつも絵手紙を描いている花城先生の日々から絵手紙の楽しさ、幅広さが伝わってくる一冊。TBS系列「プレバト」出演の人気講師著。絵手紙にはいろいろな「顔」があります。ハガキに描いて送るのはもちろんですが、絵手紙日記や記録として自分用に描く絵手紙もあります。思い出は折り帳や御朱印帳に描いて保存。送る時もハガキだけじゃなく、半紙に描いて畳んだりや巻物に描いたり……頭を柔らかくして暮らしの中に絵手紙をたくさん取り入れてみませんか。いつでもどこでも絵手紙を描いている花城先生の日々から絵手紙の楽しさ、幅広さが伝わってくる一冊です。絵手紙を描いている人、描いてみたいなと思っている人、そして絵や書を見るのが好きな人……すべての人の心に花が咲きますように。著者はTBS系列「プレバト」出演の人気講師。

【花の章】
花いっぱいの喜び
道具のこと
集画帳を使った「我が庭 花日記帳」
バラだけを描いた集画帳
 六十八本のバラ
花の中でお茶会を
 バラを描いてみましょう
 ジギタリスを描いてみましょう
 楽しいひとときを覗き見!
 後のお楽しみ
【暮らしの章】
絵手紙日記
題材は暮らしの中に
送る言葉
 年賀状
 はる
 なつ
 あき
 ふゆ
一匹のカマキリ
誕生日には絵手紙を
お誕生会の礼状
毎年一番に届く年賀状
なかなか会えなくても
サザエの礼状が結んだ縁
古墨と紫美人

【旅の章】
旅先でも絵手紙
奈良めぐり
お正月の楽しみ
 本覚寺のにぎり福
クレマチスの丘
甲州
城門も楽しい
シーサー、何を思う
【二人の章】
思えばはるばる五十年
二人の旅先スケッチ

花城 祐子[ハナシロ サチコ]
著者紹介
絵手紙 花の会主宰
1942年 東京都生まれ
1985年より絵手紙を描き始める
2000年 手紙文化の功労者として逓信記念日郵政大臣賞受賞
2003年~2009年 中日新聞・東京新聞サンデー版「わたしの絵手紙」選評担当
2005年 愛・地球博「地球への手紙、地球からの手紙」審査員
2007年より日美展(国際文化カレッジ)審査員
ユーキャン「絵手紙講座」主任講師
朝日カルチャーセンター・NHK文化センター等で絵手紙指導
個展・夫婦展多数開催
TBS系列テレビ 「プレバト」出演

内容説明

絵手紙にはいろいろな「顔」があります。ハガキに描いて送るのはもちろんですが、絵手紙日記や記録として自分用に描く絵手紙もあります。思い出は折り帳や御朱印帳に描いて保存。送る時もハガキだけではなく、半紙に描いて畳んだり、巻物に描いたり…頭を柔らかくして暮らしの中に絵手紙をたくさん取り入れてみませんか。いつでもどこでも絵手紙を描いている花城先生の日々から絵手紙の楽しさ、幅広さが伝わってくる一冊です。

目次

花の章(花いっぱいの喜び;道具のこと ほか)
暮らしの章(毎日が絵手紙;題材は暮らしの中に ほか)
旅の章(旅先でも絵手紙;奈良めぐり ほか)
二人の章(思えばはるばる五十年;二人の旅先スケッチ)

著者等紹介

花城祐子[ハナシロサチコ]
絵手紙花の会主宰。1942年東京都生まれ。1985年より絵手紙を描き始める。2000年手紙文化の功労者として逓信記念日郵政大臣賞受賞。2003年~2009年中日新聞・東京新聞サンデー版「わたしの絵手紙」選評担当。2005年愛・地球博「地球への手紙、地球からの手紙」審査員。2007年~日美展(公益財団法人国際文化カレッジ)審査員。ユーキャン「絵手紙講座」主任講師。朝日カルチャーセンター・NHK文化センター等で絵手紙を指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。