吃音!吃音者のどこが悪い?

  • ポイントキャンペーン

吃音!吃音者のどこが悪い?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 112p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784835530956
  • NDC分類 378.2
  • Cコード C0095

内容説明

言語障害者を作り上げているのは、環境と周囲の人々だ!周囲が変われば、障害は克服できる!幼い頃から言語障害に悩んできた著者が、障害克服の方法と、障害者救済の道を、大胆に提言する。

目次

第1章 言語障害者とはどういうものか(言語障害者は二種類に大別できる;どのようにして言語障害に陥るか ほか)
第2章 言語障害者は、こんな環境から生まれる(私という障害者を生み出した生育環境;幼稚園のときから受け続けてきた障害者への差別 ほか)
第3章 障害者を拒否する社会の大きな壁(社会に出てぶち当たった大きな壁;就職でも障害者を理由に差別を受けた ほか)
第4章 吃音をどう治すか?本当に治せるか?(吃音教室は百害あって一利なし;辞書を引いて、発音しやすい言葉を探した ほか)
第5章 障害者が切望する明日への希望(障害者と関わることで明日を開こう)

著者等紹介

藤樹拓也[フジキタクヤ]
昭和31年、大阪府生まれ。大阪経済法科大学法学部卒。印刷会社の営業職を経て、海遊館内での警備業務、高速道路管理・警備業に従事。途中、執筆活動をしながら現在に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。