難聴・耳鳴り・めまい 「治る」には理由(わけ)がある

個数:

難聴・耳鳴り・めまい 「治る」には理由(わけ)がある

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784834402575
  • NDC分類 496.6
  • Cコード C0047

内容説明

性格・生活習慣・治療経過。患者さんを徹底分析!難聴・耳鳴り・めまいを訴える患者さんの多くが「周囲に理解してもらえない」「なかなか治らない」といった孤独で長期的な悩みを抱えています。病だけを診るのではなく、患者さん一人一人を人間丸ごと診てきて導いた治る患者さんの傾向と治療法。

目次

序章 治らない『難聴・耳鳴り・めまい』でお困りの方へ
第1章 これが『難聴・耳鳴り・めまい』診察の実情だ(「難聴・耳鳴り・めまい」の診察が好きな耳鼻科医は少ない;「難聴・耳鳴り・めまい」のつらさは理解してもらえない;病院と開業医の役割分担が進んできた ほか)
第2章 治る患者さんの共通点をさぐる(治る人は、「日々の生活習慣を大切にしている」;治る人は、「病気を治す主体は自分自身だと気づいている」;治る人は、「からだの不調に、こころが関係していることに気づいている」 ほか)
第3章 『難聴・耳鳴り・めまい』治る患者さんの治療法を知る(「漢方薬の効果」を知る;「全身疾患に伴う“めまい・ふらつき”があること」を知る;「補聴器の価値」を知る ほか)

著者等紹介

北西剛[キタニシツヨシ]
きたにし耳鼻咽喉科院長。医学博士。大阪府生まれ。1992年滋賀医科大学卒業。卒業後同大学耳鼻咽喉科学教室入局。病院勤務を経て、2005年きたにし耳鼻咽喉科開業。日本耳鼻咽喉科学会専門医。医学博士。開業後、西洋医学に加え、各種伝統医療・統合医療を学び、診療に活かしている。北海道から九州まで全国より患者からの相談・来院がある。日本アーユルヴェーダ学会理事長・日本胎盤臨床医学会理事・日本東方医学会理事・日本ホロス臨床統合医療機構理事などを兼務。日本統合医療学会認定医・日本ホメオパシー医学会認定医・森林セラピストなど数多くの資格を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。