毎日文庫<br> 暗鬼夜行

個数:

毎日文庫
暗鬼夜行

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月22日 01時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 473p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784620210568
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

藪内の読書感想文、昔の入選作のパクリだって―SNSに投じられた生徒の「告発」が発端となり、学校代表の「読書感想文」に盗作疑惑がかけられた。作文指導をした文芸部顧問で国語教師の汐野は、校長からの指示で、問題収拾に奔走するも、噂は急速に拡散し、遂にネットニュースの記者が嗅ぎつける事態に…。嘘つきは先生か、生徒か。エンタメ小説の鬼才が教育現場のリアルに迫った学園震撼サスペンス!

著者等紹介

月村了衛[ツキムラリョウエ]
1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒。2012年『機龍警察自爆条項』で日本SF大賞、13年『機龍警察暗黒市場』で吉川英治文学新人賞、15年『コルトM1851残月』で大藪春彦賞、『土漠の花』で日本推理作家協会賞、19年『欺す衆生』で山田風太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えみ

64
尋常ならぬ展開に切歯扼腕、暗鬼の冷笑を目撃したら…必滅の運命を予測する。教師も生徒も保護者も、ひとりの女子中学生の書いた「読書感想文」の盗作疑惑から端を発した一連の事件を通して徐々に本性が曝け出されていくそのリアルな悍ましさが、これでもかというほどに書かれている。失墜する信頼、増殖する憎悪、一体誰が?何のために、何故SNSへ投じたのか?学校という閉ざされた世界を、外連味のない筆致で描かれたこの震撼する一冊は、間違いなくフィクションを越えてくる。人は誰しも暗鬼を身の内に飼っているのだ…。騙されてはいけない。2023/05/28

オーウェン

55
月村さんの作品では、こういうイヤミスのような展開は珍しいのではないか。教師の汐野が生徒のLINEで知った、読書感想文コンクールの作品の盗作疑惑。それによって教師から生徒までが疑心暗鬼になり、多くの人間の人生を狂わせていく。冷静に考えれば真の犯人はすぐに分かるはずだが、際限なく膨れ上がっていく噂は止められないのが今の時代。また建前を気にして、本音を引き出せない教師と生徒のやり取りをこれでもかと見せられる。最後は誰も得をしないような流れだが、唯一あの人だけは興味のないことには無関心なのが功を奏したのだろうか。2024/01/14

chikap610

4
月さん、申し訳ない。合わなかった。読み進めることが途中で出来なくなってしまった。 期待していたのと違っていたんだよね。 非常に申し訳ない言い方だけど、だらだらつまらないやり取りに耐えられなかった。 スマン!2024/02/14

トキ

4
途中、なかなか話が進まないな〜…と思う箇所もありましたが、終盤になって俄然勢いづきましたね。しかし、登場人物が多くて「これ何した人だっけ?」というのが多かったのと、共感出来る人がひとりもいない…。主人公すらも。しかしいけすかない奴…と思っていても、あそこまでコテンパンにやられると「もう許してあげて…」と思ってしまう。いや〜、人間不信になりそうだわ。2023/09/07

てっちゃん

4
単純に読書感想文の盗作騒動かと思ったが、学校の統廃合問題やら、地方の政治の暗闘、SNSの拡散などが複雑に絡み合う。そして、何よりも人間の心に宿る「鬼」を活写する傑作だと思う。2023/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20878596
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。