越境(ユエジン)

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

越境(ユエジン)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月16日 18時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 217p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784834253306
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

境界のない世界、自分だけの越境。「台湾で生まれて日本で育った一個人」の世界と自分の境界を巡る旅。

目次

曖昧な時代をゆく―序文にかえて
第1章 バナナ人間の悲哀
第2章 みんな祖母に殴られて育った
第3章 わたしはイケてないし、あなたもイケてない
第4章 テキーラ!
第5章 俺たちはなぜ年相応に尊敬されないのか?
第6章 アメリカはビジネスだ
第7章 トーク・イズ・チープ
第8章 作家の幸福
対談 リービ英雄×東山彰良 日本語小説の場所としての「台湾」

著者等紹介

東山彰良[ヒガシヤマアキラ]
作家。1968年9月11日台北生まれ。2002年、『逃亡作法 TURD ON THE RUN』が「このミステリーがすごい!」大賞の銀賞・読者賞受賞。09年『路傍』で大藪春彦賞、15年『流』で直木賞受賞。16年『罪の終わり』で中央公論文芸賞、17年『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞、18年同作で読売文学賞、渡辺淳一文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。