たくさんのふしぎ傑作集<br> スズメのくらし

個数:
  • ポイントキャンペーン

たくさんのふしぎ傑作集
スズメのくらし

  • 平野伸明
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 福音館書店(2019/02発売)
  • 福音館書店 ポイント2倍キャンペーン対象商品(4/1~5/31)
  • ポイント 26pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月21日 05時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 40p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834084429
  • NDC分類 K488
  • Cコード C8745

出版社内容情報

とても身近なのに、そのくらしぶりが知られていないスズメ。群で生きる彼らは、なかまをふやすために、見事な工夫をしています。私たちにもっとも身近な鳥、スズメ。しかしスズメが、どんな巣を作るか知っていますか? 何を食べているか? どこで眠るかは? スズメはとても臆病で、人間が近づけないため、そのくらしぶりはあまり知られていません。スズメは、キツネやカラス、タカ類など多くの動物に食べられてしまいます。そのため、子育てをしてなかまを増やさなければなりません。きれい好きなことが子育てに役立っていることなど、スズメの秘密を明かします。

平野伸明[ヒラノノブアキ]
著・文・その他/写真

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

104
スズメが、どんな巣を作るか知っていますか? 何を食べているか? どこで眠るかは?と、この本の最初に問いかけられても答えられませんでした。スズメの姿は都会の公園でもよく見かける身近な鳥なのに、知らないことが多いです。30年以上も野鳥の撮影を続けてきた写真家が、たくさんのスズメのアップ写真と共にスズメの暮らしぶりを紹介してくれます。天敵が多いスズメの子育ての秘密には驚きます。そして、天敵のすぐそばに巣を作って敵の目を欺くなど、その賢さにも感心します。小さなスズメには都会は生き難い環境です。応援したくなります。2021/10/26

雨巫女。

14
《本屋》雀にとって今は、街中では、暮らしにくいだろうなあ。私が小さい頃の雀より、痩せてる気がする。2019/03/03

花林糖

13
(図書館本)【2019花鳥風月読書会】桜の蜜を吸うスズメの写真・ガを襲おうとするスズメの写真が特に可愛かった。2019/04/20

遠い日

10
大好きだけれど、ゆっくりと見ることができないスズメ。うちの屋根の隙間にも住んでいる。本書にもあったが、フンを巣の外に出すので、ベランダが毎朝汚れる時季がある。間違って小さな子スズメが手すりに降りてきて慌てる(スズメもわたしも)こともある。そんなスズメの生態を詳細に解説する写真絵本。街、人のなかでも暮らすので、その苦労はいろいろ。知恵のあるところを見せる。弱い鳥なので数を恃みに行動するのも頷ける。かわいい姿をじっくり堪能するまで見られて、満足。2019/04/08

MOTO

7
姿をみかける度「可愛い、可愛い」と愛でていたが、小さくて弱い彼らが生き延びる為の過酷なくらしを知って、胸が痛んだ。捕食される側としての自覚と覚悟がある彼らは一年に4回も子育てをし、仲間の数を絶やさぬ様にしなければ皆生き延びる事が出来ない。禅語に『足るを知る』という(自分自身の事を良く知る)言葉があるが、すずめは実践しているなぁ、えらいなぁと思った。2020/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13447558

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。