ランドセルブックス<br> ぼくのなまえはへいたろう

個数:
  • ポイントキャンペーン

ランドセルブックス
ぼくのなまえはへいたろう

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年12月17日 08時20分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 28p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784834084085
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

内容説明

自分の名前、好き?きらい?へいたろうは、クラスの子にからかわれたことから自分の名前が好きではありません。でも、いろいろな人に「名前」について話を聞いていくと…。

著者等紹介

灰島かり[ハイジマカリ]
子どもの本の作家、翻訳者、研究者。白百合女子大学講師、PR誌編集を経て、1994年~1995年に英国のローハンプトン大学院で児童文学を学ぶ。2016年没

殿内真帆[トノウチマホ]
絵本作家。1973年生まれ。筑波大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

へいたろうは自分の名前が好きではありません。そこで両親に名前の由来を聞くことに。名前を通して自分や家族について考えます。へいたろうは、自分の名前が好きではありません。クラスの子にからかわれたからです。へいたろうは、いろいろな人に「名前」について話を聞くことにしました。改名のこと、世界の奇妙な名付け、人気の名前などを知ったへいたろうは次に、両親に自分の名前の由来を聞いてみることにしました。自分の名前と向き合う、へいたろう。はたして自分の名前を好きになれるのでしょうか。名前を通して自分自身や家族のことについて考えます。

灰島かり[ハイジマ カリ]
著・文・その他

殿内真帆[トノウチマホ]
イラスト