たくさんのふしぎ傑作集
おおふじひっこし大作戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 40p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834018202
  • NDC分類 K627
  • Cコード C8761

著者等紹介

塚本こなみ[ツカモトコナミ]
1949年静岡県生まれ。(株)環境緑化研究所、(株)グリーンメンテナンスを経営。女性樹木医第一号として巨樹古木の移植、治療活動に励む。大藤の移植が縁であしかがフラワーパークの園長に就任(2015年7月退任)。(公財)浜松市花みどり振興財団理事長として、はままつフラワーパークの再建に臨む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko@猫と共に生きる

63
読み友様からのご紹介本です📚女性初の樹木医ってカッコイイですね🌳🌳🌳それにしてもこんな大木を移動させるプロジェクトは壮大で一体どうなる事かと!植え替えが終わって満開になったふじの花はとても見事🌸🌸🌸このおおふじはあしかがフラワーパーク@栃木県にある。2023/09/05

tokotoko

38
「木の引っ越し・・・!?」って、とても興味深々な思いで借りてきました。そしたら、作者ご自身(樹木医)の体験をもとに描かれてました。だから、ものすごーく詳しく、引っ越し方がわかります。覚えられないし説明もできないくらい複雑で科学的だけれど、いろんな困難にいろんなアイデアで、とにかく立ち向かうその姿勢と、明るいふじの色が、心の中にどんどん光をくれます。木に励ましてもらってばっかりじゃだめだ、時には木を励ますくらいでないと・・・!と思ったけど、「まだ何十年も早い!!!」って、木からお返事来そうです。2016/04/30

はる

14
図書館本。山のあちこちに濃く薄く咲く藤も大好きだが、藤棚から二尺三尺と夢のように下がり咲き甘く匂う大藤は一度は見てみたいもののひとつ。(花の時季が実家のお茶摘みとかぶるのでなかなか困難だが)引っ越して新しい土地に根付いたこのとてつもない藤にいつかきっと!「藤輸送中」の扇動車(笑)作戦も絵も写真も◎2018/01/31

ヒラP@ehon.gohon

9
松やその他の樹木の移動作業は目にしたことが有るのですが、ひろがるえだぶりといい個性的な幹といい、藤の大樹の移動は、とても困難な作業だと思います。 それだけに緻密な準備が印象的です。 せっかく移動しても、枯れてしまってはお話になりません。 大作業に感銘しながらも、無事にひっこしができて、本当に良かったと思います。2017/07/11

遠い日

9
樹木医は憧れの職業だ。もの言わぬ木のことばを聞き取り、病気を治したり、移植したりして木の命を繋ぐ。栃木県足利市の植物園での、実際の大藤の移植を担当することになった塚本こなみさんの3年がかりの奮闘がすごい。計画し、実行する間にも次々出てくる疑問と手探りの解決方法。木と対峙する姿勢は、まっすぐ。みごとに花開いた大藤の美しい写真に見蕩れました。2016/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4744922
  • ご注意事項