金のがちょうのほん - 4つのむかしばなし

個数:

金のがちょうのほん - 4つのむかしばなし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月13日 13時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 99p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834007947
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8000

出版社内容情報

「三びきのくま」「三びきのこぶた」「金のがちょう」「親ゆびトム」というイギリスの昔話に、ブルックが、これ以上ないと思わせるほど見事な絵をつけています。1904年生まれの古典。

<読んであげるなら>4才から
<自分で読むなら>小学低学年から

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぼんくら

30
【「瀬田貞二」生誕100周年記念】イベント♪「金のがちょう」「三びきのくま」「三びきのこぶた」「親ゆびトム」の四つのイギリスの昔話。絵がレトロでユーモラスでとっても素晴らしい。お話は省略せずしっかり語られている。「金のがちょう」がこんなにドラマチックな話だったなんてね。「三びきのこぶた」も、これがほんとのお話ですよ。悪者は退治されないとね。2016/04/18

ヒラP@ehon.gohon

25
表紙の絵にひかれて手に取りました。 1800年代に生まれたレズリー・ブルックの絵は、どこか昔の滑稽さを感じさせます。 4つの昔話が収録されていて、どれもおなじみのものなのですが、お話としては、少し雑な感じがしました。 訳者の訳し方によるのかも知れませんが、他の絵本への導入として考えたいと思います。2023/05/01

ツキノ

19
原書はなんと1904年発行。「金のがちょう」「三びきのくま」「三びきのこぶた」「親ゆびトム」の4つのイギリスの昔話にレズリー・ブルックの素晴らしい絵!金のがちょうの三男が「ぬけ作」、顔はまるでおじいさんのよう、「三びきのくま」でくまの家にやってきた女の子が「きんきらこ」。これまたすごい!1980年からのロングセラーではあるものの、タイトルがもっとよければ、もっと知られる本になりそう。2016/03/23

おはなし会 芽ぶっく 

11
1年生ブックトーク授業【単元 図書館へ行こう】の学習で使用できる日本の昔話・外国の昔話。教科書で紹介されているものに絞って紹介。自分たちが知っているおはなしと違うという声が多かったので、「同じタイトルの絵本を探して比べてみてね」と多読の案内をしています。←狙い(笑)2023/07/07

seeds

10
金のがちょう他お話が4つ集められた絵本。 金のがちょうにて、主人公の名前がぬけ作…。絵はめっちゃ白人なのにむけ作…。何度もぬけ作が登場、だって主人公だもの。終始違和感がありましたが、翻訳は瀬田さんだし、ぬけ作の表情がまた気の毒なくらいぬけ作なのでよし。素直な心のぬけ作に小人が力をかしてお姫様と結婚するという逆玉の輿でした。2022/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/892702
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。