いま一度白きノートに―山崎礼子・常臥歌集

個数:

いま一度白きノートに―山崎礼子・常臥歌集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784833131377
  • NDC分類 911.162
  • Cコード C0036

内容説明

生まれてまもなく最重度の障害を抱え、四十歳を過ぎた頃からベッドに寝たきりの生活を送る。その常臥の日々に詠み続けた“いのちの歌”六千首…。時に厳しく、時に慈愛に輝き、時に慟哭に震える人間の宿命を、ありのままに受容して生きる歌人・山崎礼子、魂の記録。

目次

第1章 父母慟哭
第2章 篭もり居の青春
第3章 蹲る日々
第4章 離郷、そして帰郷
第5章 仰臥の視野
第6章 哀しき母よ
第7章 母子相聞の歌
第8章 非哭・母逝く
第9章 ひかりのさと・のぞみの家
第10章 夕陽朝月をろがみて
第11章 悲しみを愛に変えて

著者等紹介

中村儀朋[ナカムラヨシトモ]
1950年、長野県長野市生まれ。早稲田大学卒業後、NHKに入り、ディレクター。1999年、名古屋局を最後に退職。愛知県瀬戸市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。