いま一度白きノートに―山崎礼子・常臥歌集

個数:
  • ポイントキャンペーン

いま一度白きノートに―山崎礼子・常臥歌集

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784833131377
  • NDC分類 911.162
  • Cコード C0036

内容説明

生まれてまもなく最重度の障害を抱え、四十歳を過ぎた頃からベッドに寝たきりの生活を送る。その常臥の日々に詠み続けた“いのちの歌”六千首…。時に厳しく、時に慈愛に輝き、時に慟哭に震える人間の宿命を、ありのままに受容して生きる歌人・山崎礼子、魂の記録。

目次

第1章 父母慟哭
第2章 篭もり居の青春
第3章 蹲る日々
第4章 離郷、そして帰郷
第5章 仰臥の視野
第6章 哀しき母よ
第7章 母子相聞の歌
第8章 非哭・母逝く
第9章 ひかりのさと・のぞみの家
第10章 夕陽朝月をろがみて
第11章 悲しみを愛に変えて

著者等紹介

中村儀朋[ナカムラヨシトモ]
1950年、長野県長野市生まれ。早稲田大学卒業後、NHKに入り、ディレクター。1999年、名古屋局を最後に退職。愛知県瀬戸市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。