現代宗教文化研究叢書<br> アジアの公共宗教―ポスト社会主義国家の政教関係

個数:

現代宗教文化研究叢書
アジアの公共宗教―ポスト社会主義国家の政教関係

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月18日 12時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784832968608
  • NDC分類 161.3
  • Cコード C3014

目次

第1部 東アジアの公共宗教論(現代中国の政教関係と「宗教と和諧」政策の動向;権威主義体制下の中国におけるキリスト教徒の生存戦略と政教関係―「中国のエルサレム」、浙江省温州の事例から;戦後台湾の民主化運動における長老教会―三つの宣言と美麗島事件にあらわれた政教関係;モンゴルにおける政教関係と公共宗教―仏教、社会主義、福音派;戦後日本における二つの宗教右派運動―国際勝共連合と日本会議)
第2部 東南・南アジアの公共宗教論(不可視化されるタイのムスリム―イスラームの表象から見たタイ仏教と公共宗教;南アジアから公共宗教論を問い直す―植民地近代とインド社会)
第3部 スラブの公共宗教論(危機の時代における公共宗教としてのウクライナの正教会―ポスト社会主義時代の新しい公共宗教のカタチ;公共宗教の光と影―ポーランドにおけるカトリック教会と公教育)

著者等紹介

櫻井義秀[サクライヨシヒデ]
1961年山形県生まれ。1987年北海道大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、北海道大学大学院文学研究院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。