北海道大学大学院文学研究科研究叢書<br> エリアーデの思想と亡命―クリアーヌとの関係において

個数:

北海道大学大学院文学研究科研究叢書
エリアーデの思想と亡命―クリアーヌとの関係において

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 320,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832967717
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C3014

内容説明

ミルチア・エリアーデとヨアン・ペトル・クリアーヌは戦後を代表する宗教学者とされる。彼らは宗教学者として活動する一方で、イタリアやフランス、アメリカを拠点とするルーマニア人亡命者組織においても言論を展開したが、その内実に関しては現在にいたるまで未解明の状況が継続している。本書は亡命者組織における彼らの言論的特徴を整理し、宗教研究、文学創作との関連性を解明する。

目次

第1部 亡命者エリアーデの思想活動とエリアーデ宗教学(ポルトガル滞在期におけるエリアーデの思想形成;ルーマニアに対するエリアーデの罪責意識と宗教理論の形成;亡命者エリアーデの思想におけるエリアーデ宗教学)
第2部 亡命者エリアーデの思想活動とエリアーデ文学(エリアーデ文学をめぐるエリアーデとクリアーヌの対話;エリアーデ文学における「精神」概念に関する考察)
第3部 エリアーデとクリアーヌの関係(鉄衛団運動をめぐるエリアーデ批判とクリアーヌ;ルーマニア社会主義政権との闘争におけるエリアーデとクリアーヌ;クリアーヌからみたエリアーデ宗教学批判の再考)

著者等紹介

奥山史亮[オクヤマフミアキ]
2011年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)取得。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、北海道大学大学院文学研究科専門研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。