北海道大学スラブ研究センタースラブ・ユーラシア叢書<br> 日本の国境 - いかにこの「呪縛」を解くか

個数:

北海道大学スラブ研究センタースラブ・ユーラシア叢書
日本の国境 - いかにこの「呪縛」を解くか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 247,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784832967175
  • NDC分類 312.9
  • Cコード C3031

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

samandabadra

0
コメントするために無理やり読んだ ちょっとつかれたが たくさん勉強できた。2009/12/19

ELW

0
 オーランドの件がたいへん興味深かった。日露の交渉から、多国間協議と いうと、複雑で事態のコントロールがしにくいのではないかと拒否感を感じてしまうが、ロシアが日本に経済水域多目島面積狭目に返還、日本は自衛隊も米軍基地も置かない、日本はA国に働きかけを行う、A国はアメリカにX を行う、アメリカはロシアにYを行う……というように連鎖させれたら。  しかし、ロシアと中国の国境問題が解決したというのに…… そうそう、 それと、小笠原諸島と憲法95条は実に面白い。2014/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/354868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。