ボーダーツーリズムの記録 1997‐2022―国境に立って、感じて、撮った

個数:

ボーダーツーリズムの記録 1997‐2022―国境に立って、感じて、撮った

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 03時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 224p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784832934177
  • NDC分類 292.087
  • Cコード C0072

目次

1 北海道稚内からサハリンへ向かう(稚内からコルサコフ、ユジノサハリンスク、そして北緯50度線;1945年8月樺太に散った若き女性たちを偲ぶ:真岡、太平 ほか)
2 極北のロシアから中国シルクロードへ(間宮海峡からアムール川そしてハバロフスクへ;「-67.8度のまち」ベルホヤンスクそして真冬のシベリアを周遊する ほか)
3 越境する日本(ベトナム旧日本人町と台湾「慰霊の海」;台湾から与那国へ ほか)
おわりに―再び稚内へ(占守島:北海道を守った戦い;根室から礼文島:オホーツク海道)

著者等紹介

斉藤マサヨシ[サイトウマサヨシ]
1955年北海道稚内市生まれ。東京写真大学短期大学部(現東京工芸大学)卒業。稚内市役所に勤務、観光交流課長、教育部長等を歴任し2015年退職。写真工房Westenを主宰。サハリン(樺太)国境紀行写真展など2022年現在、国内外各地で55回の写真展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。