ボーダーツーリズム―観光で地域をつくる

個数:

ボーダーツーリズム―観光で地域をつくる

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784832933972
  • NDC分類 689
  • Cコード C1026

目次

序章 誕生秘話
第1章 福岡・対馬と釜山をつなぐ
第2章 サハリン・稚内からオホーツクを結ぶ
第3章 沖縄・八重山と台湾への挑戦
第4章 小笠原断章―国境を想像する
第5章 ボーダーツーリズムが問いかけるもの
座談会―旅づくりの舞台裏

著者等紹介

岩下明裕[イワシタアキヒロ]
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授/九州大学アジア太平洋未来研究センター教授、主な研究分野はボーダースタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Y. Nishikawa

0
国境付近の観光と、それをデザインする意義について。2018/12/06

まると

0
島国日本では、国民が国境を意識することは少ない。しかし、海を隔てながらも、日本にも「ボーダー」(北方領土があるゆえ、編著者はこの言葉で諸般の事情に配慮した)を意識できる場所がこれだけあるのだということを指摘され、この国のかたちや地域発展の可能性について少し考えを改めさせられた。巻末の座談会で編著者は「観光政治学」なる研究の可能性にも触れている。そういえば、東浩紀さんは観光客をキーワードに哲学してたっけ。あの理論をここに当てはめて考えてみたら……ちょっと話がかけ離れ過ぎていて、難しいか。2018/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12456133

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。