お迎えの信仰―往生伝を読む

個数:
  • ポイントキャンペーン

お迎えの信仰―往生伝を読む

  • 梯 信暁【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 法蔵館(2020/05発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年07月15日 14時33分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784831860682
  • NDC分類 184.9
  • Cコード C1015

内容説明

往生極楽を目指した人々。平安時代に芽生え、やがて社会全体に広がった「お迎え」の信仰。その光と闇に迫る。

目次

1 日本往生極楽記(序;聖徳太子―日本仏教の開祖、妃とともに往く;行基―大仏建立の立役者、鬼も認める極楽往生 ほか)
2 続本朝往生伝(一条天皇・後三条天皇―天皇でも臨終正念は必須;藤原頼宗・源顕基・大江音人―公卿三人、天台僧の指導によって;遍照―天狗が語った高僧の往生 ほか)
3 拾遺往生伝・後拾遺往生伝(最澄―山家の大師、遺戒を定めて;相応―回峯行の創始者、不動明王に導かれ;永観―東大寺別当、民衆とともに称名念仏の中で ほか)
付録 楞厳院二十五三昧過去帳

著者等紹介

梯信暁[カケハシノブアキ]
1958年大阪市生まれ。1982年早稲田大学第一文学部東洋哲学専修卒業。1991年早稲田大学大学院文学研究科東洋哲学専攻博士後期課程退学。2006年博士(文学)早稲田大学。現在、大阪大谷大学文学部教授、龍谷大学講師、武蔵野大学講師、浄土真宗本願寺派中央仏教学院講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。