武士と開国

個数:

武士と開国

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 233,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831512079
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C1021

内容説明

開国か否かという幕末の重大事件に直面した武士たち(藩主・勘定奉行・奉行所与力・御家人・儒者)の記録から、単に攘夷を唱えるだけではなかった、実利に長けたしたたかな武士精神を解明する。幕末維新の歴史観を覆す実証的論考。

目次

第1部 開国の論理―幕末「重大事件」に即して
第2部 武士と開国―山本元七郎「上書」
第3部 武士と開国―向山源太夫「上書」
第4部 儒者と開国―広瀬淡窓
第5部 開国への階梯―象山「上書」(天保十三年)考

著者等紹介

小池喜明[コイケヨシアキ]
1939年(昭和14)東京浅草に生まれる。東京大学大学院(倫理学専攻)修士課程修了。横浜国立大学講師、昭和大学助教授を経て、東洋大学文学部教授。博士(文化史学、同志社大学)、専攻・日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。