神奈川大学アジア研究センター叢書<br> アジアにおける民主主義と経済発展

個数:

神奈川大学アジア研究センター叢書
アジアにおける民主主義と経済発展

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830950285
  • NDC分類 312.2
  • Cコード C3031

内容説明

民主主義はなぜ進展しないのか。ベルリンの壁崩壊後、経済発展と民主化が手を携えて進むかに見えた世界規模での民主化の「第三の波」は逆流し、途上国ばかりでなく先進国においても民主化が遠のいているように見える。新自由主義によるグローバル化の陰、経済格差の拡大の構造、北京コンセンサスによる権威主義経済発展モデルの問題を、地域の視角から展望する。

目次

第1章 民主主義と経済発展―世界経済の政治的トリレンマとタイ
第2章 タイの出稼ぎと民主化―東北タイの事例を中心にして
第3章 韓国における経済発展と民主化―光州事件後の民主化政策に伴う新自由主義経済の浸透とその韓国的特異性
第4章 イランにおける企業発展の歴史と現状―「国家資本主義」と「権威主義」の狭間で
第5章 フィリピンにおける経済発展と民主化
第6章 太平洋郵船外輪船図・考―アジアにおける経済発展と民主化との関連で
第7章 現代タイにおける政治的対立の歴史的背景―2014年のクーデターにいたるまで
第8章 グローバリゼーションと後退する民主化―アジア新興国に注目して

著者等紹介

山本博史[ヤマモトヒロシ]
最終学歴:神奈川大学大学院経済学研究科。博士(経済学)。所属、神奈川大学経済学部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。