実践に学ぶ経営学

個数:

実践に学ぶ経営学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月20日 08時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830949784
  • NDC分類 335.1
  • Cコード C3034

内容説明

本書は、大学で経営学を初めて学ぶ初学者を念頭に置きながら、経営学全般の知識を体系的に、しかも現代企業における経営実践を豊富に組み込みながら執筆されている。同時にビジネスの第一線で日夜奮闘されている方々が自分の関わるビジネスのあり方や仕事の意味を整理し、自分の置かれた経営実践を主体的に創造し、新たな方向を切り拓いていく上で何らかの知的刺激を得られるであろう。

目次

現代社会と経営学―実践と学問のインタラクション
企業とは何か、社会の中でどのような役割を果たしているのか―企業と社会
企業にはどのようなものが存在するのか―企業の種類
企業はどのような理念や文化を有しているのか―企業理念と企業文化
企業(の経営者)を規律づける仕組みにはどのようなものがあるのか―企業統治
企業は不祥事を未然に防ぐために何を求められているのか―企業倫理
企業はいかに成長し、競争に勝ち抜くことができるのか―企業戦略と競争戦略
企業はどのように資金を調達し、資金を運用しているのか―企業財務
企業はなぜ合併・買収(M&A)を推し進めるのか―合併・買収・提携
企業ななぜイノベーションを必要とするのか―新事業創出〔ほか〕

著者等紹介

風間信隆[カザマノブタカ]
明治大学商学部教授。博士(商学)。1951年新潟県長岡市生まれ。明治大学大学院博士後期課程退学(3年間在学)。明治大学商学部助手、商学部講師・助教授を経て現職

松田健[マツダタケシ]
駒澤大学経済学部教授。博士(商学)。1969年新潟県新潟市生まれ。明治大学大学院博士後期課程修了。明治大学助手、駒澤大学経済学部准教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書は,経営学の初学者を念頭に,同時に第一線のビジネスマンにも知的刺激を得られるよう、経営学全般の知識を体系的に執筆。本書は,大学で経営学を初めて学ぶ初学者を念頭に置きながら,経営学全般の知識を体系的に,しかも現代企業における経営実践を豊富に組み込みながら執筆されている。同時にビジネスの第一線で日夜奮闘されている方々が自分の関わるビジネスのあり方や仕事の意味を整理し,自分の置かれた経営実践を主体的に創造し,新たな方向を切り拓いていく上で何らかの知的刺激を得られるであろう。

序章 現代社会と経営学―実践と学問のインタラクション―
第1章 企業とは何か,社会の中でどのような役割を果たしているのか―企業と社会―
第2章 企業にはどのようなものが存在するのか―企業の種類―
第3章 企業はどのような理念や文化を有しているのか―企業理念と企業文化―
第4章 企業(の経営者)を規律づける仕組みにはどのようなものがあるのか―企業統治―
第5章 企業は不祥事を未然に防ぐために何を求められているのか―企業倫理―
第6章 企業はいかに成長し,競争に勝ち抜くことができるのか―企業戦略と競争戦略―
第7章 企業はどのように資金を調達し,資金を運用しているのか―企業財務―
第8章 企業はなぜ合併・買収(M&A)を推し進めるのか―合併・買収・提携―
第9章 企業はなぜイノベーションを必要とするのか―新事業創出―
第10 章 企業はどのようにして製品やサービスを販売するのか―マーケティング―
第11 章 企業はどのような仕組みで動いているのか―組織構造とカンパニー制―
第12 章 企業はどのようにモノづくりを行っているのか―生産管理―
第13 章 企業にはワーク・ライフ・バランスを推進する上で何が求められているのか―雇用と人事―
第14 章 企業は海外でどのように経営しているのか―国際経営―
終章 求められる新しい企業像―社会の健全な発展と企業価値の向上とを目指して―

風間 信隆[カザマ ノブタカ]
著・文・その他/編集

松田 健[マツダ タケシ]
著・文・その他/編集