EUの危機と再生―中東欧小国の視点

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

EUの危機と再生―中東欧小国の視点

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 10時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784830949562
  • NDC分類 332.3
  • Cコード C3033

内容説明

ユーロ危機は南欧諸国vs.EUコア諸国という構図で論じられることが多いが、本書は中東欧新規EU加盟国の視点から考察する。なかでも、自立的な経済発展の戦略をとったスロヴェニアの経験に光を当てた。著者は、移動の自由を保証するだけで貧しい加盟国で雇用を増やすことができないEUの政策は破綻したと主張し、財政連邦主義への前進が必要と説く。

目次

単一通貨ユーロと中東欧
第1部 小国の自立的な経済発展:スロヴェニアの事例(小国スロヴェニアの発展戦略;高い国際競争力:スロヴェニアの謎を解く)
第2部 ユーロ圏の危機と中東欧(カジノ資本主義の破綻:ラトヴィアとスロヴェニアの事例を中心に;中東欧の新規EU加盟国とユーロ危機)
第3部 危機への対応(ユーロ圏の危機と改革;EUの課題と将来)
まとめ:4つの自由と4つの目標

著者等紹介

小山洋司[コヤマヨウジ]
1943年新潟県生まれ。1973年東京大学大学院社会学研究科国際関係論コース博士課程単位取得退学。同年高知大学人文学部講師。1982年新潟大学教養部助教授。1988年新潟大学経済学部教授。2009年新潟大学を定年退職、現在、新潟大学名誉教授。経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件