ピアノ 技術革新とマーケティング戦略―楽器のブランド形成メカニズム

個数:

ピアノ 技術革新とマーケティング戦略―楽器のブランド形成メカニズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月28日 11時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 185p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830948695
  • NDC分類 582.7
  • Cコード C3034

内容説明

本書は、欧州で発達したピアノが、米国に移り、さらに日本のピアノ・メーカーによって広く普及するようになった変遷を示すとともに、楽器メーカーの技術革新とマーケティング戦略に着目、ピアノを主力とするブランド形成メカニズムを経営学の視点から論じている。各メーカーが激しい競争の中で、個性豊かな楽器製造を続けてきたことがわかる。

目次

第1章 欧米ピアノ・メーカーの歴史的変遷
第2章 スタインウェイの技術経営とブランドマネジメント
第3章 製品アーキテクチャ論から見たヤマハの楽器製造
第4章 ヤマハのブランド・マネジメント―ザ・サウンドカンパニー“YAMAHA”のブランド・パーソナリティ
第5章 The Art of Making Musical Instruments:Why only YAMAHA could be a big company?
第6章 Marketing Strategy of YAMAHA Corporation:“Brand”or“Bunand”?
第7章 スタインウェイとヤマハの戦略の違い

著者等紹介

大木裕子[オオキユウコ]
博士(学術)。京都産業大学経営学部・同大学院マネジメント研究科教授。東京藝術大学器楽科卒業後、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ヴィオラ奏者、昭和音楽大学専任講師、京都産業大学経営学部専任講師、准教授を経て現職。専門はアートマネジメント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。