入門 世界の経済―グローバリゼーション500年の歴史から何を学ぶか

個数:

入門 世界の経済―グローバリゼーション500年の歴史から何を学ぶか

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784830947896
  • NDC分類 332
  • Cコード C3033

内容説明

1492年のコロンブスのサン・サルバドル島到着は、西洋優位のグローバリゼーションという時代に道を開いた。それは、19世紀のパックス・ブリタニカ、20世紀のパックス・アメリカーナをへて、今に続く。500年余にわたる世界の歴史的発展のロジックを追い、アジア・ブームや日本の「失われた20年」までを俯瞰して、新たな歴史観を問う。

目次

第1部 世界の経済then and now(歴史再考(変貌する歴史観;パックス・ブリタニカの世界)
パックス・アメリカーナの世界(アメリカ・モデルとは何か;冷戦後世界&ニューエコノミー))
第2部 日本とアジアat present(激動の日本(日本とは何か?;日米中トライアングル;挫折した日本のアジア戦略)
激動のアジア(アジアの消費と物流;アジアの勢い))

著者等紹介

中尾茂夫[ナカオシゲオ]
1954年、長崎市生まれ。明治学院大学教授。経済学博士。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程退学。大阪市立大学経済研究所教授などをへて現職。シカゴ、トロント、ロンドン、ロサンゼルス等の欧米で、上海、バンコク、北京、マカオ等のアジアで、講義や研究報告や調査を重ねる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。