新潮文庫<br> ゴールドラッシュ

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
ゴールドラッシュ

  • 柳 美里【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 新潮社(2001/05発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月16日 13時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 398p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101229225
  • Cコード C0193

内容説明

風俗店が並び立つ横浜黄金町。14歳の少年は、中学を登校拒否してドラッグに浸っている。父親は、自宅の地下に金塊を隠し持つパチンコ店“ベガス”の経営者。別居中の母、知的障害を持つ兄、援助交際に溺れる姉など、家庭崩壊の中、何でも金で解決しようとする父に対し、少年が起した行動とは…。生きることはゲームだと思っていた少年が、信じるという心を取り戻すまでを描く感動的長編。

著者等紹介

柳美里[ユウミリ]
1968(昭和43)年、神奈川県生れ。高校中退後、「東京キッドブラザース」を経て、’88年、演劇集団「青春五月党」を結成。’93(平成5)年、『魚の祭』で岸田國士戯曲賞、’96年、『フルハウス』で野間文芸新人賞、泉鏡花文学賞、’97年『家族シネマ』で芥川賞、’99年『ゴールドラッシュ』で木山捷平文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

480
ノワール系青春小説とでも言うのか。横浜・黄金町というある種特殊な街で育った14歳の在日韓国人少年。このクソガキ(失礼)の言動がとにかく過激で、それでいて不安定でやるせなく。そんな彼の心の動きを、柳さんは見事に書ききった。彼の衝動的な暴力を表現したかったのだろうが、冒頭の出来事はいただけない。わたしも薄目を開けて読んだが、動物への暴力が苦手な人は避けた方が賢明。総じて「疲労する」読書であった。2020/12/15

ヴェネツィア

186
柳美里は4冊目だが、そのすべてが家族の崩壊を描いていた。今回のこの『ゴールドラッシュ』も例外ではない。物語の舞台は横浜黄金町。主人公かずきは14歳の中学生だ。彼には自由になるお金は有り余るほどにある。表題はここから来るのだろうが、それは何ものをも生み出さない。彼を含めて彼の崩壊した家族の誰もが生きることの目的を持つことができないのだ。小説は一貫して刺激的な現実をリアルに描くのだが、どこか散漫な印象もまぬがれない。あるいは、それもまた作家の意図するところであるのかもしれないが。殺伐としていて、哀しい物語だ。2014/10/13

アマニョッキ

57
読友さんにお薦めいただいた本。柳美里さんの小説は初めてです。わたしはジェンダーに落とし込むことがあまり好きではないのですが、女性ながらに迸る暴力性と未熟な寂しさを兼ねそなえた14歳の少年を描ききる筆力は素晴らしいと思います。書き割りみたいな登場人物がたくさんいたのは少し残念でしたが、読みごたえのある作品でした。2020/08/23

ミスターテリ―(飛雲)

42
美里さんの感受性の固まりのような文章が、14歳の壊れそうな心の変化を的確に表現。あっという間に少年の世界に放り込まれる。内面を表す圧倒的な語彙の迫力に圧倒され、読み進めるごとに少年の心の奥深くの闇に溺れそうなる。希望の光を見出そうと読み続けたが、誰も助けることができなかった。少年が内に抱えるエネルギーは万人共通であり、それがどこに向かって爆発するのかは誰にもわからない。その結論が、少年にとっては父親殺しであった。だがそれも現実なのか、少年が本当に望んだのは・・その心の葛藤から幻想の世界に入り込んでしまう。2022/01/31

James Hayashi

39
木山捷平文学賞受賞作。再読であるが、ストーリーはほとんど覚えていない。予期できるストーリーを超えたもの、想定できる以上の文脈を紡ぎ出している。カルチャーショック以上である。金槌で頭をガンガン殴られている様。出だしから終わりまでこんな衝撃を受けたことはない。それも女性でありながら、男の野獣性、狂暴性を描き切っている。 著者の真骨頂であり、表現力、詳細な描写、訴えてくる文章と見事なもの。傑作である。2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565130

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。